佐藤健・上白石萌歌共演の「義母と娘のブルース」テレビオリジナルドラマ新年スペシャルの見逃し配信はどこで見れる?みんなの感想は?

ドラマ

義母と娘のブルース1年後のテレビオリジナルストーリーが1月2日TBS系で放送されました。

テレビオリジナルとなるストーリーでキャリアウーマンだった亜希子(綾瀬はるか)がクビになってしまう。そして、みゆきのマンションを訪れた亜希子はベーカリー麦田の店長麦田(佐藤健)が裸でいるのを見る。そこに大学生になったみゆき(上白石萌歌)は赤ん坊を抱いている…まさか孫が出来てしまったのか。その真相は。

見逃し配信はどこで見れるのか?テレビオリジナル放送を見た人の感想をまとめました。

「義母と娘のブルース」テレビオリジナルドラマのあらすじ

2018年7月期に放送された連続ドラマ『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名の4コマ漫画(ぶんか社)を原作に、主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと奔走する10年間を描いた愛の物語。本作は、その1年後をドラマオリジナルストーリーで描く。

 2019年秋。亜希子(綾瀬)は大阪、娘・みゆき(上白石)は東京と、離れて暮らしていた。亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。一方、女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。

 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇。さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた。そこへ帰宅するみゆき。まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 麦田は「ち、違うんです宮本さん!!」、みゆきは「違うの、お母さん!!」と言うが、意味不明な状況に亜希子は混乱する…。

 こんなドタバタから始まる義母と娘の物語となる今回。血のつながらない母と娘、そんな2人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく―。

引用元:crank-in

「義母と娘のブルース」原作4コマまんがのあらすじ

岩木亜希子は32歳の若さで部長になった、仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン。そんな彼女は先妻を亡くした宮本良一と結婚し、小学生の娘みゆきの母親になることになった。しかし仕事一筋の彼女は世間の母や主婦とはズレており、慣れない家庭生活で失敗を繰り返す。みゆきは亜希子のそんな姿を恥ずかしく思い、しばしば反発する。お互いの姿に戸惑いつつも、距離を縮めようとする義母と娘だったが、良一もまた病により余命僅かとなっていた。

良一との別れから数年後、みゆきは高校生に成長し、亜希子も一人前の主婦となっていた。みゆきは同級生から告白を受け、付き合うかどうかで悩んでいたが、とある理由で疎遠となった小学校時代の友人・ヒロキの姿を見かけたことから異性や恋愛について深く考えるようになる。一方、新たにパン屋でアルバイトを始めた亜希子は、不真面目な店長と共に店の経営を立て直すべく奔走する。

母娘の出会いから約20年、ヒロキと結婚したみゆきは家を出て、姑のいびりに耐えながらも家事と子育てに追われる日々を送っていた。亜希子はコンサルタント会社を立ち上げ、再びキャリアウーマンとしての道を歩み始める。そんなある日、久々に実家へ戻ったみゆきは老後の準備を進める亜希子の姿を見て、自分を育ててくれた彼女に対してできることは何か悩むようになる。

やがて、亜希子の波乱の生涯にも最期の時が訪れる。亜希子は自分が何故良一の提案に応じ、血の繋がらない娘を引き取ったのか、その本当の理由を語る。

引用元:wikipedia

「義母と娘のブルース」テレビオリジナルドラマを見たネットのみんなの感想

「義母と娘のブルース」テレビオリジナルドラマ新年スペシャルの見逃し配信はどこで見れる?

「義母と娘のブルース」テレビオリジナルドラマ新年スペシャルはparavi(パラビ)で見ることができます。

「義母と娘のブルース」 ドラマの見逃し配信はどこで見れる?

「義母と娘のブルース」 ドラマ過去放送はU-NEXT(ユーネクスト)で見ることができます。



ドラマを観るなら<U-NEXT>

コメント

タイトルとURLをコピーしました