使い捨てマスクは洗って再利用できる?洗い方と何回まで使えるかウイルスや花粉に効果はあるのか調べてみた

コロナウイルス予防/マスク在庫情報

新型肺炎コロナウイルスやインフルエンザがまだ流行しています。花粉や黄砂、PM2.5なども飛び始めてマスクが手放せない季節になりました。

使い捨てマスクの買い占めなどでなかなか手に入りにくくなってしまいました。
そんな中SNS上では「使い捨てマスクを再利用してみた」という投稿を多数見かけます。

使い捨て用に作られた不織布のマスクは洗っても効果はあるのでしょうか?
マスクはどうやって洗うのか?何回まで再利用できるのか?気になる再利用について調べてみました。

使い捨てマスクの洗い方!みんなはどうやって洗ってる?

不織布の使い捨てマスクは洗えるのでしょうか?
洗って使えるガーゼマスクのように不織布も洗って使えるのでは?
使い捨てマスクを洗っている人はどんな洗い方をしているのかまとめました。

使い捨てマスクを洗濯ネットに入れて、洗濯機で洗う。
エタノール:精製水を2:4で作った液体をスプレー容器に入れて、洗濯した使い捨てマスクに吹きかけて乾かす。

キッチンハイターを薄めて使い捨てマスクを何分か沈める。よく水洗いしたら乾かす。

使い捨てマスクをお湯で洗って、天日干し

使い捨てマスクを酸素系漂白剤で洗濯、乾燥させたら次亜塩素酸の除菌スプレーをかけて乾かす

洗濯洗剤で使い捨てマスクを優しく洗う、優しくすすいで洗濯機で脱水したら干す

使い捨てマスクを洗濯機で洗ってもボロボロにならないことが分かりました!

10回くらい洗っている人もいて洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うか優しく手洗いすると長持ちしそうです。

使い捨てマスクを洗って再利用してもウイルス対策になる?

使い捨てマスクが洗えることが分かりました。しかしウイルスを防げなかったら新型肺炎コロナウイルスやインフルエンザの予防にはなりません。

使い捨てマスクを洗濯して再利用しても新型肺炎コロナウイルスの予防になるのか?中国の教育部(省)産業用紡績品工程センター副センター長、東華大学非績造材料・工程学部の靳向煜教授を取材した記事がありました。

「新型コロナウイルス感染による肺炎の診療案(試行第4版)」によると、「56度・30分」で効果的にウイルスを撲滅できるが、蒸す、もしくは煮洗いすることでマスクを再利用できるだろうか。

靳氏は「これは不可能だ。N95もサージカルマスクも、ウイルス対策の手段はフィルターによるウイルスなどの微粒子(煙霧質)の吸着・遮断となっている。フィルターは主にPPメルトブローン超極細繊維でできている。マスクのフィルターはエレクトレット処理を受け、微量の電荷を帯びるようになる。これによりふわふわとした状態で、効果的に空気中の各種微粒子を吸着できる」と指摘した。

蒸すにせよ煮洗いするにせよ、水が入ることでフィルターの電荷が急速に失われ、ろ過効果が大幅に低下することは間違いない。またPPメルトブローンは非常に細く、髪の毛の十数分の一ほどで、平均2ミクロン前後しかない。高温に弱く、温度が80度を上回ると収縮・変形を起こし、構造が破壊され、防護効果が低下する。

「新型コロナウイルス感染による肺炎の診療案(試行第4版)」によると、75%エタノールでウイルスを効果的に撲滅できる。それでは使用済みのマスクをアルコール消毒し、乾かしてから再利用することは可能だろうか。

靳氏は「それはできない。まず、サージカルマスクと医療用N95マスクの外側の表面には耐水処理が施されており、アルコール、水、血液、唾液などが浸透しにくい。これは医師への保護を強化し、患者との接触における液体噴射による双方向の感染を防止するためだ」と説明した。

そのため表面にアルコールを塗布・スプレーしても、医療用マスクの内部で消毒作用を発揮しにくい。一方で、アルコールはマスク外層の防水構造を破壊する。これはアルコールの表面張力が水と大きく異なるからだ。アルコール処理を受けたマスクの材料は水(血液、唾液)を吸収しやすくなり、フィルターの効果の低下が加速する。

「新型コロナウイルス感染による肺炎の診療案(試行第4版)」によると、ウイルスは紫外線に敏感だ。紫外線ランプや紫外線消毒庫などを使いマスクを消毒すれば、再利用が可能なのではないだろうか。

靳氏は「それは不可能だ。PPメルトブローンは熱可塑性高分子材料で、耐熱老化性が低く、紫外線に非常に敏感だ。紫外線照射を受けると、構造が破壊され酸化分解が生じ、ろ過の性能が大幅に低下する」と述べた。

研究チームは、N95クラスのマスクの蒸し洗い、紫外線ランプによる消毒の実験を行った。ろ過効率は95%から急速に60%以下に低下し、一般的なガーゼやコットンのマスクと同等になった。

引用元:人民網日本語版

この記事によると使い捨てマスクを洗濯して再利用することはできるが、一般的なガーゼマスクや布マスクと同じレベルになってしまうそうです。

使い捨てマスクは再利用できるがウイルス防止には?

使い捨てマスクの売り切れが続いていてなかなか手に入らない状態です。
マスクをしないで外出するのは新型肺炎コロナウイルスやインフルエンザ、花粉などの影響を直接受けてしまうので避けたいところです。

使い捨てマスクを洗濯して何度も再利用する人が増えていますが上記の記事によるとウイルスをガードできなくなってしまうので新型肺炎コロナウイルスの予防にはならないようです。

使い捨てマスクの再利用でも飛沫感染の予防には多少効果があるのかもしれません。
早く使い捨てマスクが販売されることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました